×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マクロビオティックと玄米

次に食事ですが、これは既に薄味にしていますので、醤油の代わりに塩分を控えるためにレモン汁を使うようにしました。野菜やイモ類、大豆、海藻類に含まれるカリウムや乳製品に含まれるカルシウムは、体内の腎臓でナトリウムを排出するように働くので多めに食べるようにしました。青魚にはEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)などの不飽和脂肪酸があり、血圧を下げる働きがありますので食べるようにしました。逆に肉はアラキドン酸などの脂肪酸で血圧を上げるので少なめにしました。次に運動ですが、これは犬の散歩に多めの時間をさくようにしました。1日1万歩と言われています。タバコは若い時に止めました。それに加えてマクロビオティックをアメリカで普及させた久司道夫氏の本で知ったカボチャ、キャベツ、タマネギ、人参を刻んで20分間茹でてその汁を飲んでいます。合わせて白米を玄米へ変えました。この方法で今ではクロレラの時と同様に高血圧の症状もなく健康な毎日を送っています。このような方法で、私は高血圧を克服しました。この経験を貴方に役立ててもらえれば幸いです。


スポンサード リンク


クロレラ
高血圧とクロレラ
生活習慣
生活習慣をみなおそう
マクロビオティック
マクロビオティックと玄米

運営者情報・プライバシーポリシー

サイトは運営者情報、プライバシーポリシーはサイトのトップページに記載しています。

高血圧を改善する方法 トップページへ

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加